地元福岡県産、九州産の無農薬野菜、無農薬玄米を始め、 2000種類以上の安心・安全な食材や雑貨等をお届けします。
ホーム店主 久保健一郎の日記
店主 久保健一郎の日記
店主 久保健一郎の日記:859
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 43 次のページ»
2018年07月19日
無添加弁当屋さんのレモンと福岡東部地域のオーガニックネットワーク「ぢおら」が同じ場所に同時オープン。

両代表共に古くからのつきあいだが、オーガニックの拠点がふたつもこの地域にできたことは本当に心強い。

有機生産者がもっともっと増えていくようになるには、それを使ってくれるところが増えなければいけない。
レモンは幼稚園・保育園にオーガニック弁当を、ぢおらはやはり幼稚園・保育園にオーガニック野菜・米を供給することを事業の柱に据えている。

コスト面で折り合いがつきにくいとは思うが、子供たちに安心・安全・栄養もエネルギーも高いお昼ご飯を食べてもらえるよう、
これから地域の幼稚園・保育園に働きかけていくそうだ。

健闘を祈ります。
2018年06月22日
昨日初めてオーサワさんの営業の方が来られた。

それでいろいろ話したのだが、オーガニックファンは増えているけど我々のような既存の自然食品店には来てもらえてないよねー。

で、どこに行ってるの?
て話で、多分ネットか近くのスーパーでもオーガニック系の商品取り扱い始めたからそこかな?

ま、オーガニックがどんどん広まりスーパーでも普通に扱うくらいになるのが理想なんで、それは良いことなんだが。

そんな流れのなかで、本当に必要とされる存在になるための方向性として、
トータルライフオーガニックショプ
というコンセプトが浮かびあがってきた。
名前が長いのがイマイチだけど。
衣食住すべてにわたって、ひとりひとりのお客さまにちゃんと相談に応じられ、適切なアドバイスが出来る店。
というイメージかな。
2018年06月20日
九大の藤野名誉教授が開発した「プラズマローゲン」
世界初で、臨床試験による症状改善を証明。

脳疲労が認知症を招き、プラズマローゲンが神経細胞を新生させ症状を改善させる。
もう不治の病とは言わせない。

そんな明るい話題を、
7月12日 10:30~
当店 ひふみにてお話ししてもらいます。
参加費無料 お時間だけさいてください。
2018年06月18日
「ミツバチからのメッセージ」という映画を観た。

ミツバチが大量死していて、その原因がどうやらネオニコチノイドという農薬にあるらしい。
要するにニコチン
ミツバチが食べると神経系がやられて死んでしまう。
人間は死ぬことはないけど子供はやはり影響が恐い。

この農薬は、植物の中に浸透するので洗ってもとれない。

EU諸国では使用禁止しているのに我が国はいつもどおり後手後手体質なのでネオニコは増えつづけている。

ミツバチの大量死から何を学ぶか?
問われているよなぁ。
2018年06月14日
4月から幼稚園向けの納品業務を始めた。

相手が幼稚園、保育園なので絶対に指定された日に指定されたとおりに商品を揃えて納めなければいけない。

急にメニューを変えたりすることは不可能。
なので、ミスがないように細心の注意を払って商品発注業務をこなしている。

が、しかしどうもこの手の仕事が向いてないのか、今までに何回もミスをした。
そのたんびに右往左往してなんとか商品をかき集めて対処してきたのだが、毎日神経がピリピリして頭はボーットなり目はかすむ。

古い脳は嫌がっているのに新しい能は、やらねばならないとムチ打っている。
あれから、2ヶ月半少しは慣れたというものの、いまだに脳疲労は続いているようだ。
2018年02月27日
先日いきなり、具志堅ヨウコウとレッド吉田がやってきて、なんの前打ち合わせもなく地元古賀の特産品を紹介してくれとのこと。

そんな番組らしいので、なんとか対応しようと思ったが、地元でオーガニック商品を作っているのが、唯一味噌が1品あるのみ。
結局それを取り上げてもらった。

古賀は、食品工業団地もあり食の町としてアッピールしているが、オーガニック基準にあうものがない。

これから、高齢者がますます増え医療費・介護費が増加し、認知症も増えていく。
健康長寿を目指すには、日々の食を見直さなくてはいけない。
生活スタイルを健康で持続可能なものにチェンジしていかなくては。
もっともっと、訴え続けないと変わらない。
2018年01月13日
久しぶりにスーパーの野菜コーナーを覗いてみた。

白菜やキャベツ、大根にほうれん草どれも高いのにビックリ。
うちの無農薬野菜の方が安いじゃん!

かといって、スーパーのお客様がどっと来られてもモノが少ないので供給不可だけど。
ま、うちとは接点がないので来られることはないだろう。

うちがおつきあいのある有機農家は市場に左右されないので、いつも価格は一定。
なので、たまにこういう現象が起きる。
2018年01月10日
1月23日でまる10年。

店名を、ひふみ にして、オープン日も1月23日。
あとから気付いたことだが、住所も天神1-2-3。

40才のときに、ひふみ神示(画家の岡本天明に降りた神からのメッセージ)
それを紹介してくれたのが、岡本さんという脱サラ時にお世話になった人。

こうして振り返ってみると、なにかの糸に導かれてここにいるんだなぁと感慨もひとしお。

自分の名前は、健一郎。
氏名は使命ともいうので、健康が一番の男(郎)として、自分も周りも健康に過ごすために、お役にたっていきたいとあらためて、決意しているところです。

人生100年時代。

我ら団塊の世代は、あと5、6年もすれば後期高齢者。
元気のない老人ばかりじゃ日本も暗い。
健康をテーマに仕事をさせてもらっている以上あと最低10年は、現役だがんばるばい。
迷惑かもしれんけど。
2017年09月06日
昨日、竹パウダーを使って家庭から出る生ごみを消す段ボールコンポストの講座を開催した。

ちょっとした注意点はあるが、竹パウダーについている微生物が生ごみを発酵分解して消して行く。
2ヶ月ほど経ったら堆肥として使えるようになる。

それを畑を持っている人は畑に入れて野菜を作る。
できれば、F1の種ではなくて固定種で作って欲しいと思い、種採りを実践している人にも少し話をしてもらった。

畑が無い人は、プランターでもよい。
要は、生ごみを消すことでごみ処理の負担を軽減し、それで出来た堆肥
と固定種の種で野菜を作ることで、自らの食量自給を少し上げて、また種を取って次につなげるという個人からできる循環モデルの実践者となってもらうこと。

これはひとつの理想形だと思う。
ここまでやっている人はそんなにいないとは思うし、かくいう自分もまだできていない。

これを機に、実践をはじめようかな。
2017年09月04日
プラスとマイナス相反する二つは、相対であり相補の関係にある。

プラスとマイナスは表裏一体。
どちらか片方だけでは存在できない。
互いに補い合ってなくてはならないもの。

マイナスを嫌って消そうとしても無理。
短所を消そうとしたら長所も消える。

プラス、マイナスをジャッジせずにどちらも自分であるために必要であるという視点を手に入れれば、違った世界が見えてくる。


2017年08月31日
故、船井幸雄さんが言っていた「世の中で起きることは必要、必然」

それは個人においても起きることは必要、必然。
悪いことが起きると、その時はしんどいなーと思うけど、あとから振り返ってみると本当にそのときの自分にとって必要だったなーと感じることは多々ある。

出来事は良いことより悪いことのほうが、ためになる。
そもそもこの世には学ぶための体験をしにきているのだから、学びの為になるのなら悪いことでも受け入れて感謝した方が良い。

そう、理解しているつもりだが、やはりきついときはきついですね。
2017年08月23日
一年前から、固定種の野菜をプランターで育てて味わって種を取って循環させて行きましょうということで「日土水プロジェクト」を立ち上げたが、あまり広がることもなく地味に続けている。

最近、高橋一也さんの本を読んだ。
この人は凄い!

思いは同じだけど、動きが違う。
野菜や生産者に対する接し方が半端ない。
そんな思いが通じたのか、伊勢丹の新宿本店に売り場も持っているし、本も出している。

高橋さんはセンスも良い。
固定種とか在来種という言い方では広まりにくいと考えてか「古来種」と呼んでいる。
雲仙の岩崎さんに会った時、800年イノチをつないできた平家大根を見たのが、きっかけとなったらしい。

こんなにがんばっている人がいる。

いい刺激になった。
2017年08月21日
高倉太郎オリジナルの体操。

一人でやる1Way体操。
二人でやる2Way体操。

道具もいらず、カンタンなので年齢問わずだれでもできる。
今日も80才を超えたおばあちゃまも参加されていてみんなと一緒に声を出しながら元気に体操をされていた。

帰るころにはみなさま表情も明るく動きも軽くなっている。
それを体感しているのか、こちらがお誘いしなくても毎回参加される方ばかり。

古賀以外でも各地で開催されているので、もよりの教室におでかけください。
2017年08月20日
薬草講座も第一シリーズ6回、第二シリーズ6回、そして今回の第三シリーズとなっての第1回(通算13回目)を昨日開催。

いままで、若返りや健康長寿に役立つ薬草の紹介や利用方法について学んできた。
本シリーズは、切り口を症状別に分けて紹介していく。
1回目は、
糖尿病、高血圧・低血圧におすすめの薬草として、
糖尿には、カキオドシ・クズ・スギナ・タラノキ・たんぽぽなど
血圧には、あかまつ・アカザ・桑・ドクダミ・ヒュウガトウキ・よもぎなど

糖尿病、高血圧とも国民病と言われるくらい多くの人が医者に通い、薬を飲み続けているが、これが認知症の原因ともなっている。
医者や薬に頼らなくても薬草をうまく使えば症状は改善するし、認知症のリスクも減ると信じ、一人でも多くの人に知ってもらいたい。

次回は不眠症にお悩みの方向けの薬草を紹介します。
2017年08月18日
ロスコさんというキリストに風貌が似た日本人が発見した「ミロス」と名付けられた新次元思考テクノロジー。

その話を伝える入口にあたるのが「ミラクルステーション」
奇蹟が起きた信用できる友人からのお誘いなので、もうかれこれ4~5年
毎月1回ひふみで開催してきた。

3次元思考では理解不能なうえにロスコさんの風貌が怪しいのでそこそこ年月がたっている割にはそんなに広がっているふうでもない。

自分自身も創始者のロスコさんについては良く解らない。
でも、説いていることは本物だと思い、究めようとしている。

陰陽調和、表裏一体、神人合一のお話しです。
2017年08月17日
今朝、テレビを見ていたら世界一高い米
1キロ 1万1304円。

32才の若者が作っていて、もちろん無農薬で肥料は自家製。
面積当たりの植える量を半分くらいにして、収穫後も特殊な機械で付加価値が上がるような処理をしている。

それにしても、なぜこんなに高い?
うちに納めてくれている自然栽培、かけ干しのお米は1キロ770円。
これで充分おいしい。

お米の価値を引き上げてくれるのはいいことだけど、なんか違和感を感じる。
2017年08月16日
ああしたい、こうしたい。
もっとお客さん来てほしい。
売上もっと増やしたい。

これをどうにかしようと思えば思うほどどうにもならない。

じゃー、どうすれば?

それを紐解いてくれそうなセミナーにいま行っている。
全4回シリーズで、すでに2回授講。

あと2回でつかめるかな?
ピンときたらまたここで発表します。
2017年08月15日
このところ、店長日記をずっとさぼっていた。

もともと、パソコン苦手で・・でもそんなことも言ってられないので、がんばってフェイスブックにちょこっと載せてたりはしている。

あと月に一度の会員さま向けのお便りは、手書きで言いたいことを伝えたり。
で、このおちゃのこの店長日記のことはほぼ忘れかけていたのだが、やっぱりあるものは活かさないともったいないと思いだし、久しぶりになんか書こうという気になった。

伝えたいことは、山ほどあるから。
最近の自分の思いは、週に1回の「ふらっとカフェ」や月に1回の「たまり場ひふみ」で吐き出している。

なかなか広まらないけど、
①医者や薬に頼らず、あまりお金もかけずに日々健康に過ごすための方法
②本当に、身体にとって良い野菜を少しでも多く自給するには?
③こだわって作っている本物商品を、広めるには?

この地域で小さく循環することで、創る人や作る人、売る人、使う人が無理なく続けられて、それぞれ喜べ潤う仕組みをみんなで考え造っていく。
ま、広まらなくてもそれを考え語り合っている時間が楽しいからいいかな。
2017年07月12日
もともとパソコンは苦手で、最近はフェイスブックで毎日なにがしか載せるのがやっとで、店長日記はずっとさぼっていた。

おちゃのこネットの更新もおぼつかなくて、古い情報がそのままだったりして、たまに在庫のない商品を注文していただいたときは、その都度平謝りしてその場をしのいでいた。

というのも、一年前まではこれが得意なスタッフがいて専門にやってくれていた。
いまは、そのスタッフもいなくなり自分以上に全くパソコンがダメなカミさんと二人の老々ショップとあいなった。

自分はこうして文章を書くだけはできる。

お店の日常作業のなかに、この仕事も組み入れないとちゃんとした新しい情報発信もできないので、ちょっと努力しないとなーと思ってはいる。

2017年05月19日
以前はそんなに問題になっていなかったのに、最近やたらグルテンフリーを気にされる方がおられる。

本当に問題なんだろうか?

正直、いまだきちんとした見識を持つに至ってない。
ジョコビッチみたいに、グルテンに対し過敏な体質の人は避けた方がいいと思うが、特に過敏症でも不耐症でもない人は、それほど気にする必要はないとは思うけど。

もっとも、確かに血糖値は上がりやすそうなのでこれに反応してインスリンの分泌が増え、結果脂肪の蓄積によって肥満になるのを避けたいという目的の人は、控えたほうがいいのだろう。

永いこと、そんなこと気にせずパンやうどんを食べて来た人で、どうってことなかった人は食べ過ぎだけ注意する程度でいいのではないかと思うのだが、どうなんだろう?
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 43 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス